フサオマキザル Brown Capuchin

分類
霊長(サル)目オマキザル科
生息地
ブラジル~ペルーにかけてのアマゾン流域
生態
南米の森に広い範囲で住んでいるサル。大人になると頭頂部に毛の房ができ、角の様になる。尾は全体に毛があり、力は強くないものの木などに巻き付ける事ができる。手先が器用で知能も高い為、南米のチンパンジーと呼ばれている。アメリカでは介助ザルとして利用される事も。
会える場所
ふれあい広場、サル劇場、サル舎
できること
ショー、えさやり、さわれる